スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DotNetMagicでVSSクライアントを作り直してみる

さて、昨日の記事の通り、DotNetMagicで、ちょっと凝ったアプリケーションを作ってみました。
マイクロソフト製のVisual Source Safeは使いづらいので自作していたわけですが、DotNetMagicベースで書いてみると、こんなふうになりました。
DnVSS.gif




以前は、こんな感じでした。

AVSSのコピー


DotNetMagicベースで変わったところは、

  • VSSのフォルダ(プロジェクト)がTabbed MDIでいくつも開けるようになった。

  • 固定だった各ウインドウの配置が自由になった。



その他の機能は、こちらのままです。


今後は、DotNetMagicベースに移行になりそうです。
この2日間で、だいたい4割くらいは移植できたし、いろいろと構造を見直したおかげでバグもとれていい感じです。
当分、VSSを使い続けることになりそうなので、今度は公開目指して頑張ろうかと。

追記:1日使ってみましたが、以前より、かなり使いやすいですね。VSSのフォルダがTabbed MDIでいくつも開けるようになったのが大きいです。仕事がはかどるかな

comment

comment form

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール
Author:HiGEO



当ブログはリンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
レノボ eクーポンなど
カテゴリ
スポンサー
RSSフィード
リンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。