スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Visual Studio 2005 Intellisense QFEを試してみました

Visual C++ Team Blogに記載されてているIntellisense QFEを試してみました。

これまでのVisual Studio 2005のインテリセンスはC++に関してかなり問題がありました。

まず、#ifdef,#else,#endifで囲まれたコードの認識にかなり問題がありました。マクロを正しく認識されないと、有効なコードが薄く、,無効なコードが濃く表示されるためIDE上ではソースが見づらいことがありました。

もっと重要なことですが、クラスやメソッドへの定義や宣言への移動にも問題がありました。 たとえば、A::GetInstance()というメソッドを右クリックして「宣言へ移動」を選択しても、正しい場所にジャンプしてくれない場合がありました。
B::GetInstance()にジャンプされたり、様々なクラスのGetInstance()を並べられて選択させられることがありました。

QFEを入れてみたところ、これらの問題がほぼ解決しているように思われます。

マクロの有効、無効を間違えることもなく、定義や宣言へのジャンプも一発で正しく動作し、ソースコードは美しく表示されているようです。

comment

comment form

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール
Author:HiGEO



当ブログはリンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
レノボ eクーポンなど
カテゴリ
スポンサー
RSSフィード
リンク
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
問い合わせ
管理人への問い合わせはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。